農業 年収のTOPに戻る

ピーマン農家 年収

ピーマン農家の年収をご紹介します。

ピーマン農家の平均年収は400万円です。

10a(1000)当たり
粗利益142万円
経費53万円
所得90万円
労働時間776時間
となっています。

農家の大変なところは、自然を相手にする仕事なので、人間の力ではコントロールできないことです。

農作業は暑さや寒さとの戦いです。

夏の暑い時期、直射日光に照らされながら草むしりなどの畑の手入れをすることもあれば、ビニールハウスのなかで汗だくになりながら苗を植えつけることもあります。

冬の寒い時期、朝早くから起きだして収穫をすることもあります。

立ちっぱなしの仕事や中腰での仕事も多いです。

農業は自然のなかでの作業となるため体力が必要な仕事です。

台風、大雨、地震などの自然災害によって、農作物に大きな被害が出ることもあります。

残酷にも、自然災害によって甚大な被害が出てしまい、大切に育ててきた農作物が売り物にならなくなり、1年の収入に大きな損害が出ることもあります。

農業は強い気持ちがないとやっていけません。

農業はこれから注目されている業界です。

農業法人の促進で、若い人たちが農業の道に進むのに、良い環境が整ってきています。

これからは「手に職をつけた人」が生き残る時代です。

海外でも日本の農産物はとても高い評価を受けています。

農家への就職及び農業生産法人を選ぶときには、きちんと給料を払ってくれて、社会保険もきちんとしているところを選びましょう。

やはり就職・転職は『自分に合う企業』と出会うことが大切になってきます。

就職・転職する企業を決める前に、公平中立な立場で就職・転職の相談にのってくれる第三者の相談窓口があるので相談してみるのも良いでしょう。

就職・転職の第三者の相談窓口」として『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は人材紹介会社ではありません。

就職・転職やお仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

人材紹介会社に企業を紹介されたが第三者の意見を聞きたい
就職・転職したい企業があるが、本当に大丈夫な会社かどうか第三者の意見を聞きたい
などの『就職・転職のセカンドオピニオン相談』や、
現在の仕事の相談
今の会社を辞めたい人の相談
などの相談も無料で受けています。

農業法人の促進で、若い人たちが農業の道に進むのに、良い環境が整ってきています。そういうところから農業を目指す若者は多くなってきています。ただまだ雇い主の方が若者を含めた被用者を受け入れる体制が整っているとはいえない状況にあるというところも多くあります。

そういうところからも就職・転職する企業を決定する前に、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

きゅうり農家 年収

きゅうり農家の年収をご紹介します。 きゅうり農家の平均年収は450万円です。 10a(1000)当たり 粗利益177万円 経費59万円 所得119万円 労働時間932時間 とな・・・

トマト農家 年収

トマト農家の年収をご紹介します。 トマト農家の平均年収は450万円です。 うまく運営できている農家さんで、1反25トン、2反で売上1250万円くらいです。 そこから経費が引かれます。・・・


「ピーマン農家 年収」のトップへ↑
「農業 年収」のトップへ↑