農業 年収のTOPに戻る

農家の年収

農家の年収は100万円から2000万円くらいになっていますが、就業形態によって全然異なっています。

まず専業農家なのか兼業農家なのかで年収が変わってきます。専業農家の方は年間330から360日労働で1日10時間から15時間労働とかなりの労働時間になります。兼業農家は時期や育てている作物の種類などによって異なります。当然専業農家の方が年収は上がります。

次に独立自営形態なのか、雇用されている形態なのかによっても異なります。独立形態の方は雇用形態の方に働いてもらって給料やコストなどの経費を引いたものが収益になります。一般には独立形態の方が収入は高くなりますが、アクシデントなどのトラブルや行っている農業の種類によっては独立している経営者の方でも年収200万円から300万円程度しか取れない場合もあります。

また個人形態なのか組織形態なのかによっても異なります。当然組織形態の方が収入は高くなる傾向がありますが、個人形態の農家の方がやりやすさなどもありますし。どちらがいいかは一概には言えないかなと思われます。組織形態で行っているところもありますが、それでも個人農家の方がまだまだ多いのはないでしょうか。

あとは行っている作物の種類・敷地面積によって異なります。種類によって年収が数倍から数十倍くらい異なっているかなという感じがします。

この農家の大変なところは、自然を相手にする仕事なので、人間の力ではコントロールできないことです。

農作業は自然、特に暑さや寒さとの戦いです。

農作物もそうですし、農業の従事者も特にこの時期は過酷な戦いになります。

夏の暑い時期、直射日光に照らされながら草むしりなどの畑の手入れをすることもあれば、ビニールハウスのなかで汗だくになりながら苗を植えつけることもあります。

冬の寒い時期、朝早くから起きだして収穫をすることもあります。

立ちっぱなしの仕事や中腰での仕事も多いです。

農業は自然のなかでの作業となるため体力が必要な仕事です。

台風、大雨、地震などの自然災害によって、農作物に大きな被害が出ることもあります。

残酷にも、自然災害によって甚大な被害が出てしまい、大切に育ててきた農作物が売り物にならなくなり、1年の収入に大きな損害が出ることもあります。

農業は強い気持ちがないとやっていけません。

やはり就職・転職は『自分に合う企業』と出会うことが大事になってきます。

就職・転職する企業を決める前に、公平中立な立場で就職・転職の相談にのってくれる第三者の相談窓口があるので相談してみるのも良いでしょう。

就職・転職の第三者の相談窓口」として『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は人材紹介会社ではありません。

就職・転職やお仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

人材紹介会社に企業を紹介されたが第三者の意見を聞きたい
就職・転職したい企業があるが、本当に大丈夫な会社かどうか第三者の意見を聞きたい
などの『就職・転職のセカンドオピニオン相談』や、
現在の仕事の相談
今の会社を辞めたい人の相談
などの相談も無料で受けています。

農業法人の促進で、若い人たちが農業の道に進むのに、良い環境が整ってきています。そういうところから農業を目指す若者は多くなってきています。ただまだ雇い主の方が若者を含めた被用者を受け入れる体制が整っているとはいえない状況にいつしあるというところも多くあります。

また異業種から農業に転職・農業で独立する中高年の方もだいぶ増えてきていますが、気象条件で年収が大幅に変わってしまうという面などを考えると決して恵まれた条件とはいえないという状況もあります。

そういうところからも就職・転職する企業を決定する前に、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら
関連コンテンツ

農業とは

農業とは土地の力を利用して人類にとって価値のある動物や植物を生産することをいいます。 農業で主に生産されるものとしては食品・繊維・燃料などど/span>です。その中でも食品は穀物・野菜・肉・果物・・・


「農家の年収」のトップへ↑
「農業 年収」のトップへ↑